« 2015年11月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年1月

まちかど支えあいカフェが始まっています。

地域住民同士の交流の場として、新たに、「まちかどささえあいカフェ」がスタートしており、横手、三宅、曰佐、弥永、若久、西長住、鶴田の7校区で開催されています(28年1月現在)。

特に決まったプログラムはなく、時間内は入退室自由で、対象者も年齢などで制限されていないのが、特徴です。
開催場所は、公民館、集会所、施設、スーパーの敷地内など、その地域により、異なります。
また、開催日もその地域により、異なります。
福祉の専門職の参加もあり、福祉の相談なども出来ます。
カフェについて、詳しい情報が知りたい方は、南区社会福祉協議会(電話 554-1039)までお問い合わせ下さい。

安心情報キットを配布しています。

社会福祉協議会では、安心情報キットを配布しています。

平成24年度より3年間、福岡市から委託を受けて、校区社会福祉協議会などのご協力を得て、対象者の方へ配布をしてきました。27年度からは福岡市社会福祉協議会の独自事業として、継続して配布を行っています。
安心情報キットとは、「かかりつけの病院」や「緊急時の連絡先」等の情報が書かれた『安心カード』を筒(キット)のなかにいれて、冷蔵庫にいれて保管し、災害時や緊急時などにそなえるためのものです。(添付データ参照)
万が一の場合、救急隊員などの支援者が自宅に来た際に、キットを発見しやすいように、玄関の内扉と冷蔵庫の扉にマグネット(またはシール)を貼っておき、キットの存在を知らせるようにしています。
配布の対象者は、高齢者や障がい者、また地域の中で見守りが必要な方です。
もし、安心情報キットを持っておきたいなど、ご相談がありましたら、南区社会福祉協議会(電話 554-1039)までご相談下さい。
なお、安心カードの内容は最新の情報である必要があり、記入内容に変更が生じた時は、書き換えをお願い致します。

まちかどかかりつけ施設について

南区社会福祉協議会では、施設の本業(機能や専門性など)を地域住民に対して提供していただくなかで、お互いの理解や交流を深め、相互の助け合いの関係づくりをめざして、「まちかどかかりつけ施設」の登録を福祉施設等にご協力をお願いしています。
この度、賛同いただいた施設を一覧表にまとめましたので、ぜひご一読下さい。
新たに登録された施設の情報については、年度末までに改めて掲載致しますとともに、今後も随時掲載していきます。

社協ワーカーだよりバックナンバー・最新号

社協の事業の紹介や社協職員の動きなどがわかるお便りです。

バックナンバーを掲載します。ぜひご一読下さい。

« 2015年11月 | トップページ | 2016年5月 »